【スマート特派員】「美しい」恐竜のしっぽが琥珀の中に 羽根がはっきり – BBCニュース

ミャンマー北東部で発見された琥珀の中に、羽根に覆われた恐竜のしっぽが保存されていたことが明らかになった。

情報源: 「美しい」恐竜のしっぽが琥珀の中に 羽根がはっきり – BBCニュース

恐竜時代の鳥の翼、9900万年前の琥珀の中でありのまま保存

 1億年近く前に生きた原始的な鳥の翼が、琥珀に閉じ込められた非常に保存の良い状態で見つかった。羽毛の重なり方、模様、色、配列など、現在の鳥類にそっくりの形態が、当時の鳥類にもすでに備わっていたことがわかる。

スズメぐらいの大きさの恐竜「コエルロサウルス類」

最初は樹木と考えられていたこの物体ですが、よく観察するとその形状などから恐竜の一種の尻尾であることが判明。その持ち主は、現代のスズメぐらいの大きさの恐竜「コエルロサウルス類」の若い個体と考えられています。

スポンサー

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。