【スマート特派員】2020年までに稼働予定のテスラの超巨大バッテリー工場「ギガファクトリー」のいま

EVメーカーのテスラは、2020年までの完全稼働を目指してネバダ州リノの郊外で世界最大の超巨大バッテリー工場「ギガファクトリー」の建設を進めています。あまりに壮大な計画のため、「夢の工場」とも「無

情報源: 2020年までに稼働予定のテスラの超巨大バッテリー工場「ギガファクトリー」のいま

2020年までに稼働予定のテスラの超巨大バッテリー工場「ギガファクトリー」のいま

EVメーカーのテスラは、2020年までの完全稼働を目指してネバダ州リノの郊外で世界最大の超巨大バッテリー工場「ギガファクトリー」の建設を進めています。あまりに壮大な計画のため、「夢の工場」とも「無謀な計画」ともいわれているギガファクトリーの建設現場に、BBCが潜入

ギガファクトリーにまつわる数字

・予定建設費用:50億ドル(約5200億円)
・総敷地面積:3200エーカー(13平方キロメートル)
・2016年6月時点で生産設備全体の14%にあたる190万平方フィート(17万7000平方メートル)が完成
・完成すると、生産設備は580万平方フィート(約54万平方メートル)になる
・1000人の建設作業員が作業にあたっており、建設は2年前倒しで進んでいる
・2018年までに35ギガワット時(GWh)に相当するバッテリーを供給する予定で、これは2014年に世界中で生産されたバッテリーよりも多くの容量となる。生産規模は最大で150ギガワット時相当にまで増加が可能。

ギガファクトリ−動画

Does Elon Musk have more money than sense? Or could it actually be more sense than money?

スポンサー

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。