TBSが生んだボクシング3階級制覇の偉大?なチャンピオン亀田興毅引退

Pocket

TBSが生んだボクシング3階級制覇の偉大?なチャンピオン亀田興毅引退

TBSが生んだボクシング3階級制覇の偉大?なチャンピオン亀田興毅引退

プロボクシングで世界3階級を制覇した亀田興毅(28)が現役引退を表明

米シカゴで行われた世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級のタイトルマッチで、王者の河野公平に0―3の判定負け。日本選手初の4階級制覇に失敗し「この試合が終わったら、終わり、と決めていた。いい勝負が出来たし、満足している」と話した。 評価されなかった「偉業」=亀田興毅、孤立の競技人生―ボクシング 亀田興毅の功績をたたえる声は、ほとんど聞かれない。古今東西を見渡しても、3階級制覇を果たしてそんな扱いを受けたボクサーはいないだろう。

-時事通信-

ライトフライ級での疑惑の判定で王座獲得

2006年8月2日、元WBA世界ミニマム級暫定王者ファン・ランダエタとのWBA世界ライトフライ級王座決定戦を行い、12回判定(2-1)勝ちを収めて王座を獲得。しかし、初回終了間際他二度ダウンを喫するなど終始苦戦した亀田が王座獲得をしたことは賛否両論を呼んだ。「ランダエタが勝っていた」という声も上がり、社会問題にまで発展した。 -Wikipedia-

亀田興毅八百長試合(動画)

最初のランダエタ戦。ボコボコにやられてるのになぜか勝利。

最後の試合「河野公平vs亀田興毅」TBSでなくテレビ東京

王者河野(右)のパンチを浴びる亀田=AP

王者河野(右)のパンチを浴びる亀田=AP

2015/10/16 亀田興毅VS河野公平 WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ ハイライト(動画)

アメリカでは亀田興毅のテクニックがレフェリーに見抜かれ敗北

同じTBSボクシングチャンピオン鬼塚勝也と亀田興毅とちょっと違う

鬼塚勝也はTBSと組むまで強かった

鬼塚勝也はTBSと組むまで強かった

鬼塚勝也はTBSと組むまで強かった?

高校2年生時にインターハイ・ライトフライ級で優勝。春休み時に単身上京。 自らの足で東京都内のボクシングジムを回る。この時ヨネクラジムでスパーリングしてもらった相手が後の日本タイトルマッチに挑戦した中島俊一である。協栄ジムではスパーリングの相手をしたプロ選手を倒したのを見てトレーナーの古口氏がジムにスカウトする。高校生の時にはボクシング部の練習もしながらジム通いも続け休日には他校の練習にも参加するほど練習好きであった。高校在学中にプロテスト合格。

鬼塚勝也 世界チャンピオンまでの軌跡(動画)

スポンサー

アマゾンで購入

コメント

  1. campbell より:

    hinice wkamcz 🙂

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。